FXのシステムトレードというものがあって、自動で売買などの取引をしてくれる。

FXで利益を出している友人に聞いたところ、システムトレードで結果を出す人も結構いるとのこと。そういう人たちはメタトレーダーというシステムトレードのプラットフォームで取引しているらしい。

友人はワイジェイFXのメタトレーダー口座でシステムトレードをしていると言っていた。そもそもメタトレーダーという言葉だけは知っていても中身が全く分からな いので、友人に質問したところプログラミングの知識が必要で、もしプログラミングが分からなければ売買システムを買ってくるという方法があるらしい。

正直これは自分には相当ハードルが高い。


しかしFXは自分で取引してもうまくいったりいかなかったりで安定した成績が残せたことが無い。

自分はそこまで意志が弱い方ではないのだが、FXの取引となると平常心を保っていられる自信はあまりない。以前裁量でトレードしたことがあるのだが、取引に入るのは簡単だが決済するのはかなり躊躇した。

自分で思った方向に行ったら30銭で損切り、思った方向に行ったら50銭で利益確定すると心に決めて取引を始める。

しかし、いざ取引してみると30銭で損切りするはずが40銭で損切り。50銭で利確するはずが70銭まで粘って結局マイナスになって決済するなんていうことになってしまう。

本当に自分の意志の弱さを痛感させられた体験だった。自分でも機械的に取引しないといけないとは分かっていて取引しているつもりだったが、そんなに機械的に取引できるなら誰もが億万長者になっていておかしくない。そこは人間の弱さだろう。


そこでちょっと調べてみたところトライオートというサービスを見つけた。これはインヴァスト証券という業界では有名なFX会社が提供しているサービスで、相場の流れを予想して取引の入りは自分で指示すれば、それ以降は自動で売買してくれるというシステムらしい。

私は会社でそこそこ重要なポジションにいるので、会社にいる間に常にPCの前にいて取引できるわけではない。部下や上司だって自分のデスクまで来て話をすることもある。そんなときにFXの取引をしていたのが分かったらそれなりにマズいことになってしまう。


以前からYJFXというFX会社では取引をしてはしているので、それなりにFXについては理解はしている。リーマンショックの下がり切った時に米ドルを買って30万円くらい稼いだこともあるし、その逆に10万円くらい損したこともある。


トータルで言うとトントンくらいにはなっていそうだが、それはそれでバイアスがかかっているので実はマイナスということもあるかもしれない。

ちょっと話が脱線したが、中間管理職的な立場の自分では常に取引を監視して、タイミングを合わせて取引ということは難しいし、できればトレードの事は家の空いた時間を使って考えるくらいにしたいので、このトライオートというサービスにはかなり惹かれるものがある。


興味を持ったらとことん調べるのが信条の私。これからトライオートを徹底的に調べてみたいと思う。

投資について

私もいろいろな投資をしてきたが、ハイリスクハイリターンという投資はめっきりしなくなった。

なぜならそういった投資方法は持たざる者が起死回生を狙う方法で、ある程度の資金力がある者がとる戦法ではないからだ。

ハイリスクハイリターンの投資というのは持たざる者が成り上がる可能性があるという側面もあるが、持っているものが一瞬にしてすべてを失う可能性も孕んでいる。

持たざる者もある程度までハイリスクハイリターンで運用した後は、堅実な投資方法に切り替えていくべきである。

自分のステージに合わせて投資方法を変える。こういった戦略をとることでリスクを大きくとることなく堅実な成長をきたいすることができるだろう。